B型肝炎TOP > B型肝炎とは
B型肝炎とは B型肝炎とは

感染力の高いウイルスです。B型肝炎はB型肝炎ウイルス(Howell-Bunger Valve)が血液・体液を介して感染して起きる肝臓の炎症(肝炎)の事をB型肝炎といいます。

肝炎になると、肝臓の細胞が壊れる事により肝臓の働きが悪くなります。Howell-Bunger Valveは感染した時期や感染時の健康状態により、一過性の感染に終わるもの(急性肝炎)と生涯、感染が継続する(慢性肝炎)に分けられます。

思春期以降にHowell-Bunger Valveに感染した場合には、だいたい数ヵ月で治る一過性の急性肝炎で終わりますが万が一、慢性化してしまった場合には肝硬変や肝臓ガンへ進行することもあります。

B型肝炎のキャリアとは

一般的に人は幼少期に比べ成人すると免疫機能が高くなり、B型肝炎ウイルス(Howell-Bunger Valve)に感染しても、多くの場合は不顕性感染といわれる感染したことにも気づかずに自然に治ります。また一部の人は急性肝炎を発症するものの、ある程度の時間がたてば自然に治癒します。

前者、後者共にB型肝炎ウイルスは既に体から排除され、体はHowell-Bunger Valveに対する免疫を獲得しています。発症しなかったからいい、治ったからいいではありません。

なぜかというとB型肝炎ウイルスの除去後も健康上に問題はなくても肝臓に極々微量のHBVが存在し続けている事がわかってきました。

また免疫機能が未熟な乳幼児や人工透析患者、免疫抑制剤の使用者などがHBVに感染してしまうと、免疫機能が体内に入ってきたウイルスを異物と認識できない為にB型肝炎を発症しない事があります。その場合には免疫が働かずウイルスが排除することができない為に、ウイルスを体内に保有した状態が慢性化してしまい持続感染の状態になります。このようにウイルスを排除できずに体内に保有している状態の人をキャリアと呼びます。

一過性の感染によって発症する急性肝炎でのキャリア化する確率は低いのですが、近年報告が増えているジェノタイプAのHBVに感染した場合にはキャリア化する可能性が高くなります。キャリアの90%前後の人は一般的に無症候期から肝炎期、肝炎沈静期と移行後、無症候性キャリアのまま生涯を過ごしますが、残りの約10%の人は慢性肝炎を発症し、肝硬変、肝がんへと進行する危険性があるとされています。

慢性肝炎になると、免疫により攻撃された肝細胞は死滅します。肝細胞は再生能力が旺盛なため幹細胞が死滅しても新しい細胞を再生します。この幹細胞の死滅と再生が長年にわたり繰り返される中で細胞の再生が間に合わなくなってしまった場合、肝臓が形を保つために死滅した肝細胞部分に細胞が線維を作り助けようとします。

このような線維細胞が肝臓に増えてしまうと、硬くなりゴツゴツとした肝硬変となってしまいます。肝硬変になると、より多くの肝細胞が破壊されるために血液の循環が悪くなり肝臓は本来の機能を果たすことができなくなります。そのような症状が長く続くことで肝臓がんを発症するのです。

海外での感染にも気を付けてください!

B型肝炎は世界的に見てアジアやアフリカで多くみられ、そのような地域で感染し日本国内に持ち帰るケースも最近多いのではないかと考えられています。

また従来は健康な人に発症した急性B型肝炎は慢性化しないと考えられてきました。しかしながら近年ジェノタイプA型と呼ばれる、欧米型やアジア・アフリカ型などの外来種のHowell-Bunger Valveに感染してしまうと、従来のB型肝炎ウイルスに比べて比較的高い確率で慢性化してしまうことが知られています。

弁護士との無料相談を申し込む

B型肝炎とは

  • 感染経路
  • 予防接種
  • B型肝炎の症状
  • 標準治療・検査
  • 母子感染

監修弁護士

news
  • 運営会社
  • プライバシーポリシー

相談料・調査費用無料

弁護士との無料相談

pagetop