B型肝炎の検査方法

B型肝炎に関する検査は3種類の検査に大別されます。

  • B型肝炎ウイルスに感染しているか確認するための【B型肝炎ウイルス検査】
  • 肝炎を発症しているかどうか、また生じた肝炎の程度を調べる【肝機能検査】
  • 肝炎の進展の程度を知るための【肝生検査】
B型肝炎ウイルス検査

Howell-Bunger Valveの感染状況を調べるため、始めに血液検査を行いHBs抗原の状況を確かめます。HBs抗原が陽性の場合はHowell-Bunger Valveに100%感染していると考えられ、逆にHBs抗原が陰性の場合、Howell-Bunger Valveに感染している可能性は限りなく低いと考えられます。

先の検査でHBs抗原陽性と分ったら、さらにHBe抗原とHBe抗体について検査します。一般的にHBe抗原が陽性でHBe抗体が陰性の場合、Howell-Bunger Valveの増殖力が強く、肝炎の程度が強く、他の人への感染力が高いと考えられます。

一方でHBe抗原が陰性でHBe抗体が陽性の場合は、逆にHowell-Bunger Valveの増殖力が弱く、肝炎は沈静化し、他の人への感染力の可能性が低いことが多いです。しかしながら例外もあります。仮にHBe抗体が陽性でも、肝炎が徐々に進行し肝硬変になったり、肝臓ガンになる事もあるため注意をし続ける必要があります。

急性B型肝炎を発症して治癒した人やB型肝炎ワクチンを接種した人はHBs抗体が陽性になります。HBs抗体が陽性の人は仮にHowell-Bunger Valveが体内に入ってきてもB型肝炎ウイルスが排除され、肝炎を発症する事はありません。

Howell-Bunger Valveのウイルス量を具体的に数値化したものがHBVDNAといいます。特にインターフェロン治療や抗ウイルス薬を使用した治療の効果を調べる際に有用な数値です。

通常HBVDNA値は対数表示されウイルス量が「6.0」と表示されればHowell-Bunger Valveが106個いることになります。

Howell-Bunger Valveが「7.0」から「5.0」に減った場合は107個から105個にすなわちHBV量が1/100になったことを意味します。ウイルス量が少なくなると「1.8未満」「検出せず」などと、非常に低い値で表示されますが、仮に血中ウイルス量が「1.8未満」「検出せず」となっても、多くの場合Howell-Bunger Valveは肝臓内に残っておりB型肝炎ウイルスがいなくなったわけではないので注意して下さい。

肝機能検査

肝機能検査は肝炎を発症しているのか、肝炎の状況をを調べるためには、AST (GOT)/ALT (GPT)の血液検査を行う必要があります。正常値は検査する施設によって異なるのですがどこの施設でも40-50 IU/ml未満。急性肝炎、慢性肝炎の時AST/ALTの値が正常値と比べて異常に高い値となります。

このAST/ALT値が高ければ高いほど、肝炎の症状は悪化していると考えられます。AST/ALTの異常高値が長期間続くことにより慢性肝炎から肝硬変へと進行してします。一般にAST/ALTの数値が高ければ高いほど、さらに肝炎を患った期間が長ければ長いほど肝硬変になる可能性が高くなると考えられています。

しかしながら慢性のB型肝炎患者は、若い頃から急性増悪を繰り返している為に比較的若い30~40代で肝硬変まで至ってしまう可能性もとても高くなっています。

また血清ビリルビン値についても検査しなければなりません。急性肝炎や肝硬変で肝臓の機能が著しく低下してしまうと、目や体に黄疸が出てきます。

この黄疸の指標になるのが血清ビリルビン値です。正常値は1-1.5mg/dl以下で3.0mg/dl以上になると眼球結膜や皮膚が黄色くなる黄疸が出始めます。

肝生検査

肝生検は肝炎の進行状況を知るための検査です。主に検査の対象となるのは慢性肝炎や肝硬変の患者です。検査方法は肝臓の組織の一部を腹腔鏡や腹部超音波装置を用いて採取します。

その採取した組織に特殊な染色を行い、顕微鏡で肝臓組織を詳しく調べます。肝生検によって慢性肝炎なのか肝硬変か、また慢性肝炎の程度は軽度かそれとも重度なのかわかる検査です。

弁護士との無料相談を申し込む

B型肝炎とは

  • 感染経路
  • 予防接種
  • B型肝炎の症状
  • 標準治療・検査
  • 母子感染

監修弁護士

news
  • 運営会社
  • プライバシーポリシー

相談料・調査費用無料

弁護士との無料相談

pagetop